全ポイント周回で1着、梶原悠未が完全優勝/2018全日本選手権トラック・女子ポイントレース

2018全日本選手権トラック女子ポイントレース

9月9日に静岡県にある伊豆ベロドロームで、『全日本自転車競技選手権大会トラック・レース(全日本選手権トラック)』の2日目に女子ポイントレースが行われ、梶原悠未(筑波大学)が全ポイント周回で1着、他を寄せ付けぬ“完璧な優勝”と遂げた。

女子ポイントレースは250mのバンクを80周、合計20kmで競われ、10周回ごとの着順でポイントが与えられる。1着通過が5ポイント、2着通過が3ポイント、3着通過が2ポイント、4着通過が1ポイントで、フィニッシュ時はこれが倍になる。集団から先行して周回遅れに(ラップ)すると、対象選手には20ポイントが加算されるというルールだ。

2018全日本選手権トラック女子ポイントレース

関連記事:【オムニアム】トラック競技のルール解説・動画

レースを圧倒的に支配

TAGS