東京オリンピックの自転車競技(トラック)チケット4,000円~14,500円など、19年春発売

Japan

Japan

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は7月20日、2020年東京オリンピックのチケット販売概要を発表。2019年春の発売を予定し、自転車はトラック競技が4,000円~14,500円、ロードレースが3,500円~5,500円など。

2020東京オリンピック自転車競技のチケット価格

BMXフリースタイル:4,000円~10,000円
BMXレーシング:3,000円~12,500円
マウンテンバイク:3,500円~5,000円
ロード(ロードレース・ゴール、個人タイムトライアル):3,500円~5,500円
トラック:4,000円~14,500円

東京2020大会オリンピック公式チケットの特徴

  • 開閉会式のチケット価格の幅は、最低価格が12,000円、最高価格が300,000円
  • 競技の一般チケット価格の幅は、最低価格が2,500円、最高価格が130,000円
  • チケット全体の半分以上が、8,000円以下で購入可能
  •  2,020円の企画チケットを設定
    • 子ども、ご年配の方、障がい者も含めた家族やグループで気軽に会場に来ていただけるよう、グループ向けのチケットを設定(開閉会式を含めた全競技)
    • オリンピック・パラリンピック合わせて、100万人以上の規模の学校連携観戦プログラムを実施
  • 車いすユーザー向けチケットの実施
  •  ホスピタリティプログラムの実施(予定)
    一般チケットとは別に、人気の高い競技を中心に、競技会場内での飲食サービスなどの付加価値をつけて販売するホスピタリティプログラムを実施(予定)

チケットの購入方法

TAGS