【第60回オールスター競輪】渡邉一成が優勝「今年は新田君ともっといいレースがしたい」

オールスター競輪決勝

渡邉一成と新田祐大の熱いゴール前勝負

2017年8月15日、いわき平競輪場で開催された第60回オールスター競輪【G1】決勝では、4大会連続オリンピック出場を目指す日本ナショナルチーム渡邉一成(福島/88期)が、新田祐大(福島/90期)と共に地元福島勢でワンツーフィニッシュを決めた。これにより渡邉は年末に開催される「KEIRINグランプリ2017」への出場権も獲得。優勝賞金は4,400万円(副賞含)。

最終2コーナーから新田が仕掛け、3コーナーでは新田・渡邉のゴール前勝負。渡邉が内を突き、1/4車輪差で勝利をもぎ取った。3着は浅井康太(三重/90期)。

関連記事:第60回オールスター競輪 (G1)初日第11Rドリームレースは新田祐大が制す(学法石川高卒)は7着だった。

第60回オールスター競輪 決勝 ダイジェスト動画

via keirin.jp

第60回オールスター競輪 決勝 競争結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
1
7
渡邉 一成33福 島88SS10.7差し
2
1
新田 祐大31福 島90SS1/4車輪10.8捲り
3
9
浅井 康太33三 重90SS3 車身11.1
4
2
脇本 雄太28福 井94S11 車身10.9
5
6
坂口 晃輔29三 重95S11 車輪11.1
6
5
原田 研太朗26徳 島98S11/2車身10.8
7
8
山崎 芳仁38福 島88S11車身1/211.1
8
3
深谷 知広27愛 知96S14 車身11.8HB
4
竹内 雄作29岐 阜99S1失格過失走行 落再入 入線順位:9

渡邉一成 優勝コメント

ちょっと不甲斐ないレースというか、内からだったんで、本当に素直に喜べない内容でした。去年から比べて新田君の成長のスピードは本当にすごいものがあって、もう僕はただついてるだけで。今回もたまたま内に入ってしまったから勝てただけで、実力ではないかな(と思いました)。

(今回の2度目のGI優勝は)レース内容が本当に納得できるものではなかったので、喜び半減って感じですかね。(今年もグランプリ出場が決まって)去年の段階で、グランプリの舞台でやり残したことがたくさんあったんで、新田君も同じ思いだと思うんで。今年はもっと2人でいいレースをしたいなと思います。

(今後のスケジュールは)10月後半、11月頭ですね。ワールドカップが始まるので、まずはそこを目標に練習メニューは組まれていきます。(3年後のオリンピックに向けて)僕の中ではなくて、監督の中に秘めたものがあると思うので、僕はそれにしっかりと、故障で練習できないとか、疲れて練習できないという状況にならないよう、万全の状態で日々のトレーニングに励むだけです。

※一部抜粋

引用:keirin.jp

第60回オールスター競輪 決勝戦表彰式

【GⅠオールスター競輪】“世界のカズナリ”地元で歓喜のGⅠ優勝だ

オールスター競輪とは

事前のファン投票結果により出場者が決定する「ドリームレース」が特徴。ファン投票上位9名のメンバーで対戦する「ドリームレース」、10位〜18位のメンバーが対戦する「オリオン賞」が見どころ。

また、2017年8月12日(土)、14日(月)にはガールズケイリン選手のファン投票1位〜7位メンバーが出場する 「ガールズドリームレース」、8位〜14位メンバーが出場する 「アルテミス賞レース」も注目。

第60回オールスター競輪 関連リンク

TAGS