梶原、単独で4位フィニッシュ。アジアンリーダーに/PANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race 第1ステージ

梶原悠未 表彰台

引用:JCF

2018年5月6日(日)〜5月10日(木)まで5ステージ制で行なわれるPANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race(UCI2.2)がスタートした。日本からは3日前に終了したTour of Zhoushanのメンバーと同じく以下6名の選手が出場した。

唐見実代子梶原悠未金子広美上野みなみ福田咲絵中井彩子

第1ステージは17kmの周回をほぼ8周回する135kmで争われた。道幅が広く、勾配はきつくないものの約2kmの登りが数か所あるアップダウンが見られるコース。監督会議で下りゴールはスピードが出るため危険と判断され、周回が逆回りとなった。

後手に回らず、梶原にスプリントをかけさせる

日本チームの狙いは、強豪チームを含んだ逃げには、必ず1名はチームの選手を入れ、後手に回らないようにすること。

また、ゴール前300mまでは高速の下りから勾配4%程度のゆるい登りとなっている。集団スプリントの際にはチームで梶原を前に引き上げ、ベストポジションからスプリントをかけられるようにすることを確認した。

タイミングを誤り、1回目のスプリントポイントを逃す

レースは、スプリントポイントと山岳ポイントの手前でのみペースが上がるスローペースで展開した。1回目のスプリントポイントを梶原が取れるように狙いにいったが、日本チーム全体で早く前に出すぎてしまい、コーナー手前で被せられてしまった。

梶原はポイントを取れる位置で最終コーナーを曲がれず着外に。

2回目は梶原が2位でポイント通過

2回目のスプリントポイントではスペインチャンピオンのGUTIERREZ RUIZ Sheyla (CYLANCE PROCYCLING)に最終コーナーを先行されてしまうが梶原は2位で通過、2秒のボーナスタイムを獲得する。

ラスト3周を切ってアタックが何度も発生し、山岳ポイント前からのペースアップによって集団は3つに分断された。

厳しいレース展開になる気配に、日本チームは5名を先頭グループに揃え、逃げにもスプリントにも対応できるようにした。向かい風が厳しく、逃げが難しい中で再び集団は1つに。集団ゴールを迎えた。

最後は単独で梶原が4位でフィニッシュ

最終局面で梶原は単独となり、5番手あたりで80km/h以上のスピードの出る下りで最終コーナーを回る。コーナーを先頭で回ったGUTIERREZ RUIZ Sheyla (CYLANCE PRO CYCLING)がそのまま踏み抜き優勝した。2位から4位までは接戦であったが梶原は4位となり、アジアンリーダーとなった。明日はブルージャージ着用して出走する。

明日の第2ステージは今日と同じコース、距離で行なわれる。最終コーナーの位置取りとスプリント勝負となる可能性の高いコースであるため、梶原を最終コーナーまでにチームで誘導できれば勝てる見込みがおおいにある。

今日は梶原単独でのスプリントになったが、次はチーム全体で梶原を最終コーナーまでベストポジションにつけさせ、ステージ優勝を狙う。

第1ステージ 順位

1位 GUTIERREZ RUIZ Sheyla(CYLANCE PRO CYCLING)3時間49分2秒
2位 MARTINS Maria(SOPELA WOMEN’S TEAM)同タイム
3位 GASS Daniela(MAASLANDSTER INTERNATIONALCYCLING TEAM)同タイム
4位 梶原悠未(Japan National Team)
20位 福田咲絵(Japan National Team)
24位 唐見実代子(Japan National Team)
29位 上野みなみ(Japan National Team)
38位 金子広美(Japan National Team)
41位 中井彩子(Japan National Team)

第1ステージ個人総合時間

1位 GUTIERREZ RUIZ Sheyla(CYLANCE PRO CYCLING)3時間49分2秒
2位 MARTINS Maria(SOPELA WOMEN’S TEAM)7秒差
3位 GASS Daniela(MAASLANDSTER INTERNATIONAL CYCLING TEAM)12秒差
4位 梶原悠未(Japan National Team)14秒差
20位 福田咲絵(Japan National Team)16秒差
24位 唐見実代子(Japan National Team)同タイム
29位 上野みなみ(Japan National Team)同タイム
38位 金子広美(Japan National Team)同タイム
41位 中井彩子(Japan National Team)34秒差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

TAGS