女子は栁原真緒が優勝「東京オリンピックで金メダルを目指す、目標は脇本雄太選手」/日本競輪学校 第113・114回卒業記念レース

柳原真緒,野本怜菜,佐藤水菜

2018年3月22日・23日に、伊東競輪場で行われた第113・114回日本競輪学校卒業記念レースで女子は在校成績1位の栁原真緒(福井)が接戦を制し、優勝した。

女子決勝、オリンピックを目指す栁原が接戦を制す

競争成績1位でレースに臨んだ柳原は7番佐藤水菜(神奈川)と6番豊岡英子(大阪)に続けざま内側に閉じ込められてしまい、我慢を強いられる展開に。最終周回の4コーナー回って4番手から一気に加速し、最後の直線で突っ込み1着でゴールした。インタビューでも、自分の中ではあまりない、耐えるレースだったと語った。

栁原真緒は1997年、福井県出身。陸上競技でオリンピックを目指していたが、自転車競技へ転向。2016年都道府県対抗自転車競技大会500mタイムトライアル、チームスプリントで2位。

柳原真緒

ダイジェスト動画

レース結果

1着 栁原真緒(福井)
2着 野本怜菜(埼玉)
3着 佐藤水菜(神奈川)

柳原真緒,野本怜菜,佐藤水菜

栁原真緒(中央) 野本怜菜(左) 佐藤水菜(右)

女子決勝メンバー

女子決勝メンバー (上段左から)野本怜菜(埼玉)・栁原真緒(福井)・佐藤水菜(神奈川)/(下段左から)豊岡英子(大阪)・川田ひな(香川)・寺井えりか(北海道)・佐伯智恵(香川)

目標は脇本雄太選手

柳原真緒

柳原真緒

我慢が勝利に繋がる

決勝戦は自分から積極的に動こうと思っていましたが、最初は佐藤水菜生徒に、次は豊岡英子生徒に蓋をされて内に封じられる展開になりました。自分の中では、あれほど我慢を強いられるレースはありませんでした。

少し不安な気持ちもありましたが、しっかり我慢して、最後4コーナーから全力を出し尽くそうと考えました。1戦目の3着という結果も、自分への良い喝になりました。プレッシャーを気にせず、自分のレースができれば良いと思います。

目標は脇本雄太選手、そして五輪金メダル

デビュー後は、3年後ガールズケイリングランプリで優勝し、そして東京オリンピックも目指しながら、オリンピックで金メダルを獲ることが目標です。

目標の選手は、脇本雄太選手(福井/94期)です。自分のダッシュ力を活かした、かまし先行や捲りを主体とする選手になりたいです。

柳原真緒

柳原真緒

柳原真緒

柳原真緒

TAGS

Related Articles