三谷が魅せた!激競りからの差しが炸裂!/第2回ウィナーズカップ 松山競輪場10R

第2回ウィナーズカップ初日10Rのゴールの瞬間は、ひときわ大きな歓声が上がった。

三谷竜生(奈良/101期)が最後の直線で平原康多(埼玉/107期)と競り、差して1着を決めたのだ。最終4コーナーで平原が捲り先頭へ、そこで三谷は平原の番手につけていた諸橋愛(新潟/79期)とぶつかり合ったが競り勝ち、最後は平原康多を鋭く差してゴール。圧巻の走りをみせつけた。

ウィナーズカップ10Rゴール

以下、三谷竜生選手と平原康多選手のコメントだ。

先を読み、動き、勝負する

三谷竜生

三谷竜生

小川選手を超えたかったですが、合わされてしまいました。そこからはしっかり凌げたと思います。自分の仕掛けもしっかりとできましたが、もうちょっとですね。

2段駆けで来ることはわかっていました。平原さんは強いですし、その先を読んで動かないとしっかり勝負ができないので、その辺りは意識して走っていました。

今シーズン、ずっと調子が良いので、しっかり勝ち上がって結果を残せるように頑張ります。

レース中盤、小川真太郎選手(1番)を外から捲り始める三谷竜生選手(7番)

自分の力を出し切って終われるように

平原康多

平原康多

2周目からすごくハイピッチのレースになりました。思っていた通りに2段駆けになり、その上を超えて行けたので、状態は悪くないと思います。

(名古屋での落車と負傷による途中欠場を受けて)練習でも全く感覚にズレがなく、自分のスタイルで走ることができたので前回と変わっていません。明日はしっかりと自分の力を出し切って終われるようにレースを組み立てていきたいと思っています。

10R結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
17三谷竜生30奈良101SS11.8差し
23平原康多35埼玉87SS1/4車輪11.8捲り
31小川真太郎25徳島107S11車身12.0B
45諸橋愛40新潟79SS3/4車輪11.8
52稲川翔33大阪90S11/2車輪11.8
64中川誠一郎38熊本85S13/4車身11.8
78坂本健太郎37福岡86S13/4車輪11.6
89原田研太朗27徳島98S11車身12.0
96才迫開26広島101S2大差15.3H

*その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。

TAGS