脇本が初日1着「明日も驕らず、自分に厳しく」/第2回ウィナーズカップ 松山競輪場・予選9R

レース後の脇本選手

レース後の脇本選手

2018年3月18日(日)、松山競輪場で開催の第2回ウィナーズカップの初日9Rに脇本雄太選手(福井/94期)が出場。

最終周回を迎える前から先頭を走りはじめた脇本、最後は番手の地元選手橋本強(愛媛/89期)が差しにかかったが、脇本が逃げ切り1着でゴールを決めた。

以下、脇本選手のレース後のコメントだ。

脇本雄太 ウィナーズカップ

脇本雄太

驕らず、自分に厳しく

自分の中では踏み合うのを覚悟していたので、展開に恵まれたと思っています。油断はしないようにしていましたが、やっぱり片折さんが来ました。

久々に割と長い距離を踏みましたが、ただ、最初の段階で出させてもらったので全力ではありませんでした。なので、自分の中では決して余裕があるとはいえないと思っています。

明日はさらにメンバーがキツくなるので、驕らず、自分に厳しい評価で繋げられるように頑張っていきたいです。

9R結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
11脇本雄太28福井94S111.6逃げHB
25橋本強33愛媛89S13/4車輪11.5マーク
37高原仁志37徳島85S13/4車身11.5
43海老根恵太40千葉86S13/4車輪11.2
58松坂洋平35神奈川89S21車身11.4
64江連和洋46栃木76S11/2車身11.3
79阿部拓真27宮城107S21/2車身11.5
82佐藤友和5岩手88S11/4車輪11.4
96片折亮太30埼玉92S2大差116.6

*その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。

先頭を走る脇本選手

先頭を走る脇本選手

脇本雄太

TAGS