ロシアチームは国内で練習場所がない!?世界王者デニス・ドミトリエフ選手インタビュー

デニス・ドミトリエフ

日本短距離ナショナルチームと合同合宿を行っていた、ロシアナショナルチーム。世界チャンピオンのデニス・ドミトリエフがいるなら、話しを聞かなければならないだろう。今回の合宿の目的、そしてロシアのトラック競技トレーニング事情を聞いてみた(インタビュー実行日は1月23日です)。

ロシアチームは世界各地でトレーニング中

デニス・ドミトリエフ

合宿場所をマイアミにした理由は?

マイアミに来たのは、コンクリート製バンクで海も近く、屋外で風も入るから、重いトラックが良い練習になるからだよ。ここで走ったあとに普通の250mバンクへ戻ると凄く軽く感じるよ。

参加選手の人数が少ないようだけど、他のロシアチーム選手は?

チームはベラルーシにいった選手、ポルトガルで練習している選手、ここにいる選手、そして中長距離はコロンビアのボゴタで高地トレーニングをしています。なので、皆バラバラですね。

モスクワのベロドロームは混雑中

デニス・ドミトリエフ

モスクワだと寒いから、温かいマイアミに来ているのですか?

そもそもモスクワにあるベロドロームが数年前から民営化され、冬は混み合っていて危ないんですよ。

それまでナショナルチームは申請すれば自由に使えていたのですが、今はアマチュアライダーと一緒に練習しなければならないこともあるんだよね。だから寒いし危険だし。ということで国外逃亡をして海外で練習するんだよ(笑)

デニス・ドミトリエフ

さっきベロドロームが民営化したって言ったけど、そのせいで夏でもナショナルチームだけのトレーニングを行うことはできないんだ。だからロシア国内で練習していることはほとんどないかもね。今もここでトレーニングして、これが終わったらロシアに数日帰って、それからフランスで世界選手権に向けたトレーニングを行う予定だよ。

デニス・ドミトリエフ

ロシアチームのマッサー、アレックス

アレックス

いろいろなところに皆いるけど、ロシアのスポーツ省(のような物)からお金が出ているから皆外でトレーニングできているわけです。まあ、それもこれも拠点(自由に使える)となるベロドロームがないからですね。残念です。僕は世界中を周れて面白いですが・・・・・

TAGS

Related Articles