1億円獲ったら何に使う?渡邉一成 選手はLOOKと同じタイムを競輪フレームで出すゾーンへ/KEIRINグランプリ2017

渡邉一成

今年のオールスター、寛仁親王牌とG1を2つも制している渡邉一成選手は、トラック競技でも世界の最前線で戦いを繰り広げている。

優勝賞金1億円、年末の大一番KEIRINグランプリ2017の前検日、そんな渡邉一成選手へ、1億円を獲ったら何に使うか?競技のトレーニング環境は?など、2017の締めくくりを訊ねた。

生活の中で練習が一番

「波平さんは一成さん」ナショナルチーム選手をサザエさんで例えるなら?太田りゆ選手に聞いてみた!

波平さんとフネさんまでは、皆「ああ〜」ってなったけど、その後はグダグダでしたね(笑)

あの太田りゆ選手へのインタビュー時、渡邉一成選手は男前だ!って盛り上がったんですよ。

なんかありましたか?

太田選手が「レースで負け、ヘコんで伊豆に帰ってきた時に何も言わず、ただ“よし練習行くぞ”って一言だけ言って練習を一緒にしてくれた。」って。

んー・・・覚えてないです。

でも、たぶん誰にでもそうですよ。生活の中で練習が一番なんで。練習を休んでまでする事は無いからだと思います。それを常に言ってるから、自分で言ってるのを覚えてないだけです。

渡邉一成

ナショナルチームのトレーニング風景

1億円の使い途は・・・?

なるほど。ちなみに渡邉選手は、KEIRINグランプリ2017で1億円獲ったら何に使うんですか?

いやー、人の役に立つ事へ使いたいです。

わー模範解答!

おかしいな〜、模範解答ですか?

でも妻と話してたんですけど、今住んでいる賃貸の家も手狭になってきたから、次のステップっていうか、そういうのも考えてもいいかなとは思います。

渡邉一成

競輪仕様で9.68秒

TAGS