2019/10/02

畠⼭紗英が日本人初の決勝進出、世界トップと戦うスタートラインへ/2019年UCI BMXスーパークロス・ワールドカップ第7-8戦 大会レポート

BMX JCF

9月13日~14日、アメリカにてBMXスーパークロス ワールドカップ第7-8戦が開催。シリーズ後半戦がスタートした。畠⼭紗英が日本人初の決勝進出を果たし、幸先の良い後半戦スタートとなった。

2019年UCI BMXスーパークロス・ワールドカップ第7-8戦

大会期間:第7-8戦 アメリカ大会 2019年9月12日(木)~ 9月14日(土)
開催場所:アメリカ・サウスカロライナ州 ロックヒルBMXスーパークロストラック

<スタッフ>
監督 三瓶 将廣 (連盟強化スタッフ)
コーチ Joey Bradford (連盟⽀援スタッフ)
マッサー ⽯⽥ 将之 (連盟強化スタッフ)

<選手>
男⼦
⻑迫 吉拓(岡⼭)
中井 ⾶⾺(新潟 ⽇本体育⼤学)
吉村 樹希敢(大阪 GanTrigger)

⼥⼦
畠⼭ 紗英(神奈川 ⽇本体育⼤学)
丹野 夏波(神奈川 早稲⽥⼤学)
早川 優⾐(岡⼭ 興譲⾼等学校)
籔⽥ 寿⾐(⼤阪 ⼤阪偕星学園⾼等学校)

滑り出しは不調も、結果は良好

初日の第7戦。男子は細かなミスにより通過圏内を逃し、長迫の26位が最高位。女子は丹野、畠山がまで進出するも丹野の20位が最高位となり、男女ともに目標とする準決勝進出には届かず。

第7戦 大会結果

男⼦
⻑迫 吉拓 総合26位
中井 ⾶⾺ 総合53位
吉村 樹希敢 総合71位

⼥⼦
丹野 夏波 総合20位
畠⼭ 紗英 総合24位
籔⽥ 寿⾐ 総合50位
早川 優⾐ 総合53位

第8戦は翌日14日に開催。大会2日目を不得意とする日本チームだが、前日からのフィードバックを活かし、男子は中井が自己ベストの準々決勝5位、準決勝まであと1人の総合19位でレースを終えた。

女子は畠山、丹野が準決勝へと進出し、畠山は日本人初となる決勝進出を果たした。

第8戦 大会結果

男⼦
中井 ⾶⾺ 総合19位
⻑迫 吉拓 総合25位
吉村 樹希敢 総合28位

⼥⼦
畠⼭ 紗英 総合8位
丹野 夏波 総合9位
早川 優⾐ 総合46位
籔⽥ 寿⾐ 総合50位

第8戦 女子 畠山紗英 決勝映像

幸先のいい後半戦スタート

決勝結果は8位で終えたが、ワールドカップ挑戦開始から4年で決勝の舞台に立ち、世界のトップと戦うスタートラインへと来た。丹野も自己ベストタイの9位に入り、男女ともに日本チームとして過去最高の成績。幸先の良い後半戦スタートとなった。

次戦は9月末に開催される第9-10戦アルゼンチン大会。大会終了後から現地入りし、最終調整を行う。

TEXT:JCF

TAGS