競輪場でJプロのロードレース選手が競う新カテゴリ『バンクリーグ』2019年にテストレース開催へ

トラックフェスティバル

競輪場でJプロツアーのロードレース選手が競う新しい自転車レースカテゴリ『バンクリーグ』が本格始動へ向け、2019年より各地でテストレースを行う。前身となるのは2018年8月に宇都宮競輪場で開催された『トラックフェスティバル’18』。地元宇都宮ブリッツェンが優勝し、延べ1,000人の来場者が訪れていた。

関連記事:トラックフェスティバル’18、地元・宇都宮ブリッツェンの優勝に観客も選手も熱狂!

トラックフェスティバル’18には宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン、チーム ブリヂストン サイクリング、キナンサイクリングチーム、愛三工業レーシングチーム、マトリックス・パワータグが出場。周回毎に先頭通過チームが1ポイント獲得し、先に5ポイント獲得したチームが勝利の「ファイブポイントゲーム」で実施された。

バンクリーグは本格始動を目指し、2019年から参加チームによる国内各地競輪場でのテストレースが計画されており、将来的にはサッカーや野球のように、ホーム&アウェイ方式にて国内各地競輪場での開催が計画されている。

競輪場での開催により、これまでスポンサー収入に頼っていたチーム運営の新たな収益源として、入場料による収益化が可能となってくる。また、ホーム&アウェイ方式により地域振興の一助ともなるだろう。

バンクリーグ公式サイト
https://www.jcspa.or.jp/bank-league

TAGS