梶原悠未が1位!スプリント制しステージ優勝/PANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race 第2ステージ

レース模様

引用:JCF

2018年5月6日(日)〜5月10日(木)まで開催されたステージレースPANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race(UCI2.2)。第2ステージは小雨の中、第1ステージと同じ距離、同じコースで行なわれた。

今大会の個人総合順位はスプリントポイントでのボーナスタイムにより順位が決まる可能性が大きく、この日の2つのスプリントポイントは梶原悠未が獲りに行くことになった。

梶原悠未が1位!スプリント制しステージ優勝

1回目のスプリントポイントでは梶原が総合リーダーのGUTIERREZ RUIZ Sheyla (CYLANCE PRO CYCLING)を差し切り1位通過。3秒のボーナスタイムを獲得する。そこからはHITECHを中心にアタックが続き、第1ステージとは異なり非常に厳しいレース展開になった。

その中で金子広美唐見実代子を中心に不利な状況にならないように動き、梶原は2回目のスプリントポイントも1位で通過する。

梶原を温存するためにチームが動く

その後もアタックが頻発し、集団は縦に伸びた状態で進んだ。集団が分断する場面でも唐見、金子が梶原に脚を使わせないよう努めた。

ラスト周回でも引き続きアタックが続く。最終局面では中井彩子が梶原を連れて前に上がり、梶原はラスト300mのコーナーを2番手で曲がる。梶原はゴール直前のスプリント勝負で周りを確認しながら落ち着いてスプリント制し、ステージ優勝を果たした。

チームの連携が高まっている

このステージは厳しいアタック合戦となり、数名の逃げが決まる可能性もあった。唐見と金子により梶原を温存することが出来たことが大きかった。ゴール前の連携、アタックへの対応など、日本チーム全体として課題はあるが、1人1人がチームのために動き連携する意識が高くなっているのを感じる。

第3ステージは平坦コースであるが、今日のステージのようにHITECH、SERVETTO -STRADALLI CYCLEらが攻撃をかけ続けると厳しいレースになることが予想される。

チームの連携を更に改善し、ステージ優勝を狙う。

梶原ステージ優勝

引用:JCF

日本チーム

引用:JCF

第2ステージ 順位

1位 梶原悠未(Japan National Team)
2位 TSERAH Hanna(MINSK CYCLING CLUB)
3位 VAN VELZEN Bryony(DOLTCINI-VAN EYCK SPORT)
23位 金子広美(Japan National Team)
24位 唐見実代子(Japan National Team)
32位 福田咲絵(Japan National Team)
51位 中井彩子(Japan National Team)
55位 上野みなみ(Japan National Team)

第2ステージ 個人総合時間

1位 GUTIERREZ RUIZ Sheyla (CYLANCE PRO CYCLING)7時間29分47秒
2位 梶原悠未(Japan National Team)2秒差
3位 TSERAH Hanna(MINSK CYCLING CLUB)14秒差
18位 唐見実代子(Japan National Team)23秒差
20位 福田咲絵(Japan National Team)同タイム
30位 金子広美(Japan National Team)同タイム
54位 中井彩子(Japan National Team)41秒差
56位 上野みなみ(Japan National Team)7分差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

TAGS

Related Articles