2019-20トラックシーズンメダル獲得総合結果【男子・短距離編】

Final / Men's Keirin / 2020 Track Cycling World Championships, ハリー・ラブレイセン Harrie Lavreysen

2019-20シーズンのワールドカップと世界選手権にて、メダルを獲得した選手をピックアップ。

この記事では各国の金メダルを3点、銀メダルを2点、銅メダルを1点としてざっくりとポイント計算し、ポイント上位の国になるにつれ後ろに掲載している。19-20シーズンの男子短距離最強国はどこか?ぜひ予想しながら読み進めていただきたい。

【対象大会】

2019年11月1日〜3日 トラックワールドカップ第1戦(ミンスク・ベラルーシ)
2019年11月8日〜10日 トラックワールドカップ第2戦(グラスゴー・イギリス)
2019年11月29日〜12月1日 トラックワールドカップ第3戦(香港)
2019年12月6日〜8日 トラックワールドカップ第4戦(ケンブリッジ・ニュージーランド)
2019年12月13日〜15日 トラックワールドカップ第5戦(ブリスベン・オーストラリア)
2020年1月24日〜26日 トラックワールドカップ第6戦(ミルトン・カナダ)
2020年2月26日〜3月1日 世界選手権(ベルリン・ドイツ)

チェコ(銅メダル:1)

トマシュ・バベク(Tomáš Bábek)

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia, Tomas BABEK トマシュ・バベク

トラックワールドカップ第5戦 男子ケイリン 銅メダル

中国(銅メダル:1)

グォ・シュアー(Guo Shuai)

トラックワールドカップ第6戦 男子チームスプリント 銅メダル

ロー・ヨンジィア(Luo Yongjia)

トラックワールドカップ第6戦 男子チームスプリント 銅メダル

ジャン・ミィアウ(Zhang Miao)

トラックワールドカップ第6戦 男子チームスプリント 銅メダル

複数のメダルを獲得した国

TAGS