ベンチマークはJリーグ『バンクリーグ2019』開催スケジュール発表、8月に初戦

バンクリーグ2019

4月10日、都内にて「バンクリーグ2019」開催記者発表が行われた。発表にはシマノレーシングチームブリヂストンサイクリングをはじめとしたバンクリーグ参加予定チームの監督・代表・選手が登壇。2019年度のレーススケジュールも発表された。

ロードレースのチームが集まり、まったく新しい競技を始める・・・目指すところはJリーグ?そんな彼らの熱い意気込みが溢れた。

バンクリーグとは?

UCIコンチネンタルチームを中心としたプロチームによる、トラックレース対抗戦。自転車競技の発展と振興を目的としている。国内各競技場での開催により、ロードレースの枠を越え各種サイクルスポーツのファン層拡大を図ると共に、「観戦型スポーツ」としての魅力の向上、さらにはそれを発信していくツールとなる。

トラックフェスティバル

2018年8月には宇都宮競輪場にて、テストイベントの『トラックフェスティバル’18』が行われ、延べ1000人の来場者が集まった。

関連記事:トラックフェスティバル’18、地元・宇都宮ブリッツェンの優勝に観客も選手も熱狂!

3ポイントゲームとは?

バンクリーグは、この企画の中核を担った監督・選手らがテストを重ねて創出した新たな種目、「3ポイントゲーム」で競われる。

2チームが同時にスタートし、3周目、5周目、7周目・・・と3周目以降の奇数周を先頭で通過したチームがポイントを獲得。先に3ポイントを獲得したチームの勝利となる。シンプルで分かりやすく、接戦が予想されるゲームだ。

愛三工業レーシング対マトリックスパワータグ

自転車競技全般に波及する盛り上がりを

TAGS

Related Articles