お店じゃ買えないロードバイク、CANYON(キャニオン)はどんなメーカー・ブランド?

CANYON

CANYON(キャニオン)とは

CANYON(キャニオン)は1996年、ドイツで創業されたロードバイクメーカー。小売店を通さず直接販売することにより、他ブランドから出ている同等クラスのロードバイクと比べて手頃な価格で購入できる点が人気です。

CANYONは自転車を出荷する前にCTスキャナを使ったチェックを実施するなど、徹底した厳しい品質管理が行われています。

世界トップレベルのレースで活躍

2009年、機材を提供したカデル・エバンス選手がロード世界選手権2009のエリート男子ロードレースで優勝。2012年からは、UCIプロロードチーム「カチューシャ(現・チーム カチューシャ・アルペシン)」へ機材提供を行い、ワールドツアーで4年連続1位を獲得するなど、トップレベルの大会で数多くの勝利を挙げており、その実力は折り紙つきです。

女性用ロードバイクも充実

ジオメトリーやサイズはもちろん、ハンドリング性能やエアロ性能など、女性に合わせて開発されたロードバイク「WMNシリーズ」が充実していることもCANYONの特徴。女性専用のロードバイクを用意していないブランドも多いので、この点もCANYONの強みと言えるでしょう。

自転車ショップでは購入できない

CANYONは「ダイレクトセールス」という直接販売を行なっているため、店頭で実物を見たり試乗する事は出来ません。オンラインで注文すると、組み立て・整備された状態で届くので、あとはサドルの高さを調整し前輪を取り付けるだけと意外と簡単。

ただし、他店で購入したロードバイクのメンテナンスは行わないというショップも多いため、初心者が購入を検討する際には事前の情報収集が必要かもしれません。

ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO

ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO
参照:CANYON
フレームサイズ 2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
メインコンポ Sram Red eTap
価格 889,000円(税抜き)

ULTIMATE WMN CF SL 9.0

ULTIMATE WMN CF SL 9.0
参照:CANYON
フレームサイズ XS、S、M、L
メインコンポ SHIMANO ULTEGRA
価格 239,000円(税抜き)

CANYONの機材提供チーム