日本の競輪は激しかった。サム・ウェブスターがニュージーランドで感想を語る

Sam Webster

日本の競輪は激しかった

3ヶ月間の競輪修行を終え、ニュージーランドへ帰国したサム・ウェブスター(Sam Webster)が、自動車メーカーŠKODA(シュコダ)の動画へ登場し、日本の競輪について感想を語っています。

(抄訳)

こんにちは。サム・ウェブスターです。日本からニュージーランドへ戻ってきました。新しいシュコダ・シュペルブを手に入れましたよ。
先日まで、日本の競輪でレースをして来ました。このスチール製自転車でね。
あちらでのレースはアスファルトのトラックを走り、体当たりや肘を当てる事などがアリの激しいもので、今シーズン怪我をしなかったのはラッキーでした。そして、とても良い経験でもあります。
思い出に残っているレースは自分にとって最初のレース、川崎です。夜に屋外のレースをした事は、マヌカウ・ベロドロームで練習した日々を思い出しました。日本でのレース期間中は電話やパソコンの持込が禁止で、外部との連絡が厳しく制限されるので、帰国できてホッとしています。

サム・ウェブスターの愛車、動画

サム・ウェブスターの愛車シュコダ・シュペルブ(ŠKODA Superb)

サム・ウェブスター関連動画

オッズパーク杯・神奈川新聞社杯争奪戦(FⅠ) S級決勝 2017/06/03

2017ジャパン・トラック・カップ男子エリート スプリント決勝1/2 1st

2017ジャパン・トラック・カップ男子エリート スプリント決勝1/2 2nd

関連記事

【前編:サム・ウェブスター インタビュー】彼女と伊豆のスーパー巡りがしたい!
【後編:サム・ウェブスター インタビュー】リスクを恐れず、一人の男として全力でチャンレンジし続ける