HISTORY自転車トラック競技の歴史

自転車トラック競技の歴史

自転車トラック
競技の歴史

オリンピックの中では長い歴史を持っている自転車競技。特にトラック競技については、1912年のストックホルムオリンピック以外の全てで開催されており、伝統のある競技と言えるだろう。

そんな自転車競技であるが、オリンピックにおける実施種目の入れ替わりが激しいことでも有名である。平成最初の夏季オリンピックである1992年のバルセロナオリンピックからの種目の変遷を辿っていこう。

自転車トラック 競技の歴史

HISTORY

1992年
バルセロナ

バルセロナでは下記の男子5種目、女子2種目が行われていた。個人種目として短距離中距離共に2種目が実施され、団体としてはチームパシュートが行われていた。短距離の団体種目こそ採用されていなかったが、種目のバランスはよかったと言えよう。

しかし、男女の扱いの差は顕著に表れていた。ちなみに女子のトラック競技は昭和最後のオリンピックであるソウル大会にて初めて行われた。

1992年 バルセロナ

実施種目

スプリント
タイムトライアル
個人パシュート
ポイントレース
チームパシュート

1996年
アトランタ

アトランタオリンピックでは、日本の十文字貴信が1kmタイムトライアルにて銅メダルを獲得した。

1996年のアトランタオリンピックでは、バルセロナで実施されていた種目に加えて女子のポイントレースが追加された。また、自転車競技はこのアトランタオリンピックからプロ選手の出場が認められることとなり、日本からは競輪選手がオリンピックに出場できるようになった。

パラリンピックの自転車競技にトラック種目が追加されたのもアトランタ大会が初めてである。ちなみにパラの自転車競技自体は1984年のロサンゼルスオリンピックから行われており、トラック種目が追加される以前はロード競技が実施されていた。

1996年 アトランタ

実施種目

スプリント
タイムトライアル
個人パシュート
ポイントレース
チームパシュート

2000年 シドニー
2004年 アテネ

2000年シドニー、2004年アテネのトラック競技は全く同じ種目構成で行われた。アテネ大会ではチームスプリントにて日本チームが銀メダルを獲得している。

シドニーオリンピックでは大幅に種目が追加され、オリンピックにおける自転車トラック競技の種目数としては最多となる8種の競技が開催された。短中共に個人種目3つ、団体種目1つが行われており、バランスという意味でも一番良い構成であったのがこの年代である。

2000年 シドニー 2004年 アテネ

実施種目

スプリント
ケイリン
タイムトライアル
個人パシュート
ポイントレース
マディソン
チームスプリント
チームパシュート

2008年
北京

本大会では男子ケイリンにて永井清史が銅メダルを獲得している。

シドニー、アテネの種目構成から、男女共にタイムトライアルが廃止され、男子7種目、女子3種目となった。タイムトライアル廃止の裏側には、オリンピックの自転車競技におけるBMX競技の追加があったと言われている。

2008年 北京

実施種目

スプリント
ケイリン
個人パシュート
ポイントレース
マディソン
チームスプリント
チームパシュート

2012年 ロンドン
2016年 リオデジャネイロ

2012年のロンドンオリンピックからは、IOCの男女平等を目指す方針の下、男女の種目数が同数になるように変更された。新たに中距離の個人種目として総合力の求められるオムニアムがオリンピック種目として初めて採用された。また、女子の団体種目がオリンピックで初めて実施されることとなる。

2012年 ロンドン 2016年 リオ

実施種目

スプリント
ケイリン
オムニアム
チームスプリント
チームパシュート

2020年
東京

令和初のオリンピックである東京ではロンドン、リオで実施されていた5種目からマディソンが追加。
オリンピックにおいてマディソンの実施は2008年の北京以来である。
また、女子のマディソンがオリンピックで行われるのは歴史上初めてのこと。

2020年 北京

実施種目

一部代表内定選手について本人の申し出により、
掲載しておりません