グラボッシュ金、タンフィールド世界記録へ迫る、大会2日目ダイジェスト/2017-18トラックワールドカップ5戦

女子団体追い抜き

2017-18トラックワールドカップ5戦の大会2日目がベラルーシ・ミンスクで行われた。この日は男子チームスプリント、女子スプリントといった短距離種目に加え、男子個人追い抜きや女子団体追い抜きの中距離種目が中心となった。

男子個人追い抜き

最初の決勝種目は男子個人追い抜き。イギリスの選手、Harry Tanfieldが決勝でベロドロームレコードを破る4分12秒253をマーク。このタイムは2011年のトラック世界選手権でJack Bobridge(オーストラリア)の出した世界記録4分10秒534へ1.7秒差に迫る好記録。

男子個人追い抜き

男子個人追い抜き決勝リザルト

女子スプリント

女子スプリントではPauline Grabosch(ドイツ)が、2度の世界チャンピオンSimona Krupeckaite(リトアニア)を下して金メダルを獲得。今シーズンの大会で実績積み上げているベルギーのNicky Degrendelleが3位となった。

女子団体追い抜き

女子団体追い抜き予選の最速タイムはJennifer Valente、Klly Catlin、Chloe Dygert、Kimberly Geistのアメリカ。決勝でも、身にまとった世界チャンピオンの証であるレインボージャージの実力を見せつけ、4分15秒673のタイムでイタリアを下し、金メダルを獲得した。

女子団体追い抜き決勝リザルト

男子チームスプリント

注目の男子チームスプリントは既報の通り、BEAT CYCLING CLUBが金メダル。銀ポーランド、銅フランスの結果である。

BEAT CYCLING CLUBチームスプリントで初の金メダル/2017-18トラックワールドカップ5戦

女子オムニアム

女子オムニアム

大会初日の女子ポイントレースで金メダルを獲得したKirsten Wildは、女子オムニアムにも出場。ここでも金メダルへと輝き、実力の高さを見せつけた。銀メダルは2018年シーズン、Wildとwiggle high5のチームメイトである、イギリスのElinor Barker。Barkerは女子スクラッチでも銀メダルを獲得。銅メダルはアメリカのJennifer Valenteであった。

TAGS

Related Articles