石田唯が個人パシュート優勝、昨年インターハイに続き/男女個人パシュート決勝 2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会2日目・京都

女子個人パシュート決勝

16人が出場した2km女子個人パシュート。4人が2分40秒を切るタイムを記録し、2位に約2秒の差をつけて石田唯(北桑田)が優勝した。

3位 今西瑠花(榛生昇陽・奈良)

2分37秒172

今西瑠花 榛生昇陽

今西瑠花 榛生昇陽

2位 谷元音羽 (鹿屋女子・鹿児島)

2分36秒302

谷元音羽 鹿屋女子

谷元音羽 鹿屋女子

谷元音羽 鹿屋女子

1位 石田唯(北桑田・京都)

2分34秒610

石田唯 北桑田

石田唯 北桑田

石田唯 北桑田

女子個人パシュート決勝リザルト(PDF)

優勝・石田唯 選手インタビュー

北桑田 石田唯

Q:優勝おめでとうございます。昨年の結果も踏まえて、今年の結果にどのような思いでしょうか?(※石田選手は昨年のインターハイでも個人パシュート優勝)

プレッシャーはとてもありましたし、勝ちたいという思いは誰よりも強かったと思います。勝つことができてホッとしています。

Q:全日本ジュニアも控えていますが、そちらへの意気込みは?

もう一度調子を上げて、日本新記録を出したいと思っています。優勝できるように頑張ります。

Q:卒業後の進路は?

大学に進学し、学連で頑張って行きます。

北桑田 石田唯

2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会 スタートリスト・リザルト一覧

大会3日目(最終日)のスケジュールはこちらから↓

インターハイの代替大会『JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会』タイムテーブル/京都向日町9月11日〜

決戦は明日!予選(スプリント、ケイリン、スクラッチ、ポイントレース)結果まとめ/ インターハイ代替大会 2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会2日目・京都

TAGS

Related Articles