決勝

迎えた決勝、ナショナルAチームのメンバーが勢ぞろいして臨んだ本気のレースとなる。

メンバーは以下の通り

脇本雄太
新田祐大
深谷知広
河端朋之
松井宏佑
中野慎詞

レースは深谷-脇本-中野-松井-新田-河端の順で周回を重ねる。

ペーサーが退避する残り3周を前に、まずは松井と河端が動く。

そして残り3周の時点で松井が先頭へ。続くは深谷、河端、新田そして脇本は5番手となる。

松井が先頭のまま残り2周。

ここから河端と脇本が位置を上げて残り1周半で河端、脇本、松井の順となる。新田は位置を下げて5番手。

残り1周を切って河端が先頭。

しかし2番手の脇本が残り半周を前にして外からアクセル全開で前へ出る。そして大外からは新田、松井は脇本に続いて位置を上げていく。

しかし脇本を捕らえることは出来ず、脇本が1着でフィニッシュ。2着には松井、そして僅差の3着に新田となった。

この結果、脇本は出場した全てのレースで1着となり、この非公式プレ五輪大会を完全勝利として終えた。

脇本雄太コメント

2/4 Page