競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

ファンシップが2冠、バレンテは全種目で表彰台に/ワールドカップ第6戦リザルトまとめ【中・長距離編】

2020/02/02

参照 : UCI

世界選手権直前、そして最後の今シーズンワールドカップとなった『UCIトラックワールドカップ第6戦』が1月23日~26日にカナダ・ミルトンで開催された。本記事では前回の短距離編に続き、中・長距離種目のリザルトをまとめてご紹介する。

https://morecadence.jp/keirin/54230

男子チームパシュート

順位 国名 選手名 記録(決勝時)
1位 フランス ベンジャミン・トマ 追い抜き勝ち
トーマス・デニス
コランタン・エルメノー
ケビン・ヴォクリン
2位 イタリア ダビデ・ボスカロ
カーロアルベルト・ジョルダーニ
ジュリオ・マソット
ギダス・アンブリ
3位 カナダ ジャクソン・キニバラ 4:00.945
エヴァン・バートニク
クリス・アーンスト
アミエル・フレット

予選で本大会唯一となる4分切りを達成したフランスが、1回戦・決勝と圧巻の追い抜き勝ちで金メダルを獲得。第6戦は主力メンバーで挑んでいただけに、その実力を見せる形となった。

男子チームパシュート リザルト

男子オムニアム

順位 選手名 国名 記録
1位 ヤン・ウィリアム・ファンシップ オランダ 150p
2位 ダニエル・スタニシェフスキー ポーランド 137p
3位 ギャビン・フーバー アメリカ 134p

スクラッチ2位、テンポ1位、エリミネーション2位と盤石のレース運びを見せたファンシップが、最終ポイントレースでも34pを加算し優勝。

また、ポイントレースで2度の1周追い抜きに成功し合計51pを荒稼ぎしたスタニシェフスキーは、最終種目で7位から2位まで順位を上げて銀メダルを獲得。

男子オムニアム リザルト

男子マディソン

順位 国名 選手名 記録
1位 オランダ ヨエリ・ハビック 76p
ヤン・ウィリアム・ファンシップ
2位 イギリス イーサン・ハイター 50p
オリバー・ウッド
3位 フランス ビンセント・グロンディン 38p
ベンジャミン・トマ

オムニアム優勝のファンシップが勢いそのままに2冠を達成。今期ヨーロッパ選手権銀メダルのコンビが2位に大差をつけてワールドカップを制した。

男子マディソン リザルト

バレンテが大車輪の活躍/女子種目編

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。