女子チームスプリントで地元の意地を見せたカナダ勢/ワールドカップ第6戦リザルトまとめ【短距離編】

参照 : UCI

世界選手権直前、そして最後の今シーズンワールドカップとなったUCIトラックワールドカップ第6戦がカナダ・ミルトンにて1月23日~26日に開催された。今回は短距離種目のリザルトをまとめてご紹介する。

男子ケイリン

順位選手名国名ラスト200mのタイム
1位ヨアヒム・アイラースドイツ10.091
2位ケビン・キンテロコロンビア+0.095
3位ラファル・サルネツキポーランド+0.121

2016年の世界選手権でケイリンと1kmTTの2冠を達成した経歴を持つドイツのアイラースがその実力を見せて優勝。第5戦のケイリン覇者であったキンテロは2位という結果になった。

男子ケイリン リザルト

男子スプリント

順位選手名国名記録(予選時)
1位マテウス・ルディクポーランド9.657
2位クエンティン・カレロンフランス9.665
3位ライアン・エラルフランス9.805

ルディクが驚異のワールドカップ3連覇を達成。今シーズン後半戦はこの男の独壇場であった。表彰台の左右はフランス勢が獲得。

男子スプリント リザルト

男子チームスプリント

順位国名選手名記録(決勝時)
1位フランスクエンティン・カレロン43.921
フロリアン・グレンボ
クエンティン・ラファルグ
2位ポーランドマチェイ・ビエレツキ45.458
クリストフ・マクセル
マテウス・ルディク
3位中国グォ・シュアー44.209
ロー・ヨンジィア
ジャン・ミィアウ

2019年世界選手権2位のフランスが今シーズンのワールドカップを初制覇。ポーランドは3戦連続の銀メダル獲得となった。

男子チームスプリント リザルト

あの選手が2冠を達成/女子編

TAGS