2017 ジャパン・トラック・カップ Ⅱ 2日目ダイジェスト

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

7月9日、静岡県伊豆市の屋内自転車競技場・伊豆ベロドロームを舞台に、2大会連続で開催されていた国内自転車トラック競技の最高峰「2017 ジャパン・トラック・カップ」は、この日最終日を迎えた。

関連記事

男子スプリント

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

2017 ジャパン・トラック・カップⅠ・Ⅱを通し2回目の実施となった男子スプリントでは、世界チャンピオンであるデニス・ドミトリエフ(Denis DMITRIEV /ロシア)選手が持てるパワーを爆発させた。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

ドミトリエフ選手は、最初に行われた予選200mタイムトライアルを9秒673という、2日前に自身が出した9秒748のトラックレコードを0.075秒上回るタイムで1位通過。本選最初の戦いとなる準々決勝では日本の河端朋之選手を、続く準決勝では元世界チャンピオンのテオ・ボス(Theo Bos / オランダ)を難なく下し決勝へと進んだ。

決勝の対戦相手は2日前のジャパン・トラック・カップⅠ男子スプリント決勝にて僅差の負けを喫したサム・ウェブスター(Sam Webster / ニュージーランド)選手。しかし、この日のドミトリエフ選手は一分の隙もない完璧なレース運びでその雪辱を果たし、優勝を勝ち取り、世界チャンピオンとしての実力を見せつけた。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

日本勢は脇本雄太選手がテオ・ボス選手との3位決定戦で表彰台の一角を争った。1対1のイーブンから最後の決定戦で脇本選手がボス選手を下し、見事3位を勝ち取った。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

女子スプリント

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

女子スプリントでは、強豪アナスタシア・ヴォイノヴァ(Anastasia Voynova / ロシア)選手がその実力をいかんなく発揮し、2日前の大会に続き優勝を果たした。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

日本人選手では前田佳代乃選手がこれも2日前の大会に続き3位に入った。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

女子オムニアム

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

8人の選手が参加して行われた女子オムニアムは、日本の鈴木奈央・橋本優弥・中村妃智の3選手による厳しい戦いが繰り広げられた。4種目の総合成績を競うこの種目、最初のスクラッチでは橋本選手が1位、鈴木選手2位、中村選手4位。2種目目のテンポレースでは中村選手1位、鈴木選手2位、橋本選手4位。

3種目目のエリミネーションでは鈴木選手1位、橋本選手2位、中村選手3位。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

そして迎えた最終種目・ポイントレースは、暫定1位の鈴木選手が116ポイント、2位の橋本選手が112ポイント、そして3位の中村選手が110ポイントという予断を許さないポイント差でレースが始まった。当然このポイントレースでも激しいポイントの取り合いとなったが、要所要所を持ち前のスプリント力でおさえたガールズケイリン選手・鈴木奈央選手が、最終的に2位の橋本選手に9ポイントの差をつけて優勝を飾った。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

男子マディソン

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

2人でチームを組み、独特のタッチリレーを繰り返しながらトラック160周を走る男子マディソン。3大会ぶりにオリンピック種目復帰も果たしたこの種目には10チームが参加した。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

レースは、前日に行われた男子オムニアムの1位・3位コンビがチームを組む強豪オーストラリア・ナショナルチームと、同じオーストラリアの自転車連盟チーム、イラン、そして日本の橋本英也・小林泰正選手がコンビを組む日本競輪学校チームの4チームが主導権を奪い合うという展開に。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

実力に勝るオーストラリア・ナショナルチームがコンスタントにポイントを重ね、結果52ポイントで優勝。そして2位争いは3チームのデッドヒートとなったが、結局イランがこれを制して2位・32ポイント。オーストラリア自転車連盟チームが3位・31ポイント。

日本競輪学校チームは、3位のオーストラリア自転車連盟チームと同じ31ポイントながら、最後のフィニッシュ順位で敗れ惜しくも4位となり表彰台を逃した。

2017ジャパン・トラック・カップⅡ 2日目

TAGS