グレーツァー&バベクが表彰台・脇本雄太7位、河端朋之は失格/男子ケイリン・2019-2020トラックワールドカップ第5戦オーストラリア

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia, Kevin Santiago QUINTERO CHAVARRO ケビン・キンテロ Matthew GLAETZER マシュー・グレーツァー Tomas BABEK トマシュ・バベク

12月14日、オーストラリア・ブリスベンで開催されている『2019-2020トラックワールドカップ第5戦』。大会2日目に男子ケイリンが行われた。日本からは前回大会で決勝まで進んだもののメダルに届かなかった脇本雄太、そして第3戦では決勝に進むことが出来なかった河端朋之が表彰台を目指して出場したが、脇本が7位。そして河端は失格という結果となった。優勝したのはケビン・キンテロ(コロンビア)で自身初のワールドカップ金メダル獲得を果たした。

今大会に出場したのは25人。世界からは前回大会銀メダルのシェーン・パーキンス(ロシア)、第2戦で銀メダルのデニス・ドミトリエフ(ロシア)、地元のマシュー・グレーツァー(オーストラリア)、そして第3戦優勝者のカラム・サウンダース(ニュージーランド)、第4戦優勝のアジズルハスニ・アワン(マレーシア)など強力なメンバーが揃った。

ケイリンのルール&勝ち上がり

最大7人が同時にスタートし、トラック6周の先着を競うケイリン。3周目まではペーサーと呼ばれる風除けが選手たちのスピードを上げ、残り3周からスプリント勝負が始まる。勝ち抜けは大会や出場人数によって異なり、1着のみが勝ち上がる場合もあれば2着、3着までの時もある。今回は1回戦は2着までが2回戦へ。

勝ち上がりは1回戦→(負けた場合は敗者復活戦)→準決勝→決勝/順位決定戦となる。

1回戦(河端朋之)~まさかの結末~

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

2着までが準決勝へと進むことが出来る1回戦。アワンやパーキンスと同組になった河端のレースは残り1週半で河端が5番手から上がっていく。残り1周となるところで先頭争いは内側にパーキンス、その横にアワン、外に河端と並んで走る。しかし河端が先頭に出たところでアワン、パーキンス、そしてポーランドのマクセルが落車。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

残るは3人となったレースだが、河端が他の選手を突き放して先着。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

しかし1着でフィニッシュした河端は、レース後に落車の原因となる走りをしたとして失格。敗者復活戦に回ることなく、1回戦敗退となってしまった。

1回戦(脇本雄太)

TAGS