ボイノワ金、モートン銅、太田りゆ200mFTTで10秒台を記録/女子スプリント・2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランド

Final / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, Anastasiia VOINOVA アナスタシア・ボイノワ Kelsey MITCHELL ケルシー・ミシェル Stephanie MORTON ステファニー・モートン

12月7日、ニュージーランドで「2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランド」女子スプリントが実施された。優勝は短期登録で日本に来ていたこともあるアナスタシア・ボイノワ(ロシア)。日本からは小林優香ドリームシーカー)と太田りゆが出場し、小林は1回戦敗退。太田は2回戦敗退となった。

ワールドカップの表彰台常連のオレナ・スタリコワ(ウクライナ)、2019欧州選手権女子短距離種目3冠を果たしたアナスタシア・ボイノワ(ロシア)、2019世界選手権銀メダルのステファニー・モートン(オーストラリア)など、世界各国のスプリンターたちが集った。なお、現在世界最強の女子スプリンター、リー・ワイジー(李慧詩:香港)は出場せず。

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

Anastasiia Voinova (RUS)

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

Stephanie Morton (AUS)

スプリントの勝ち上がり/ルール

予選:200mFTT(助走をつけた200mタイムトライアル)→1回戦→2回戦→準々決勝→準決勝→決勝/3位決定戦という形でレースが進む。
予選はタイムトライアル、その後は1対1で3周を先着した選手が勝ちあがる。2回戦までは1本先取で勝ち抜け。準々決勝からは3本勝負の2本先取でトーナメントが行われる。

予選

30人中28人が通過する予選。

予選は太田が10秒937で13位、小林が11秒160で20位。どちらも予選を突破はしたが、次の1回戦で太田vs小林の日本人対決となる結果。

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

太田りゆ

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

小林優香

予選トップはモートンが圧巻のタイムで10秒537。2位にはミシェル(カナダ)が10秒606、3位はジェネスト(カナダ)が10秒639となった。

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

Kelsey Mitchell (CAN)

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand

Laurine Genest (CAN)

予選公式リザルト

1回戦

TAGS