ラブレイセン優勝、脇本雄太選手は予選突破/トラックワールドカップ第2戦 男子スプリント

脇本雄太

2日目は男子スプリントから始まった。日本からは脇本雄太選手が出走。出場32人中28人が通過する200mタイムトライアルで脇本選手は24位(10秒038)となり、予選突破。

予選の公式リザルト

脇本雄太 脇本雄太 脇本雄太

本戦1回戦

続く1回戦では、レンデル(リトアニア)と対戦。後方から仕掛けるもレンデルを抜くことできず、1回戦敗退となった。

脇本雄太選手のコメント

やはり慣れないスプリントは難しいです。ですが経験を積むことで慣れてくると思いますので、僕をスプリントに出場させるブノワコーチを信じてこれからも頑張りたいです。

優勝はオランダのラブレイセン

ラブレイセン

男子ケイリンと並び、大会で最も注目される男子スプリントの決勝はラブレイセン(オランダ)対ルディック(ポーランド)。

大歓声の中、疲れが見えたルディックからラブレイセンが2本先取して今大会の頂点へと輝いた。

短期登録で日本に来ていたブフリもスプリントに参加するも、準決勝でラブレイセンとのレース中にスリップして落車。そのまま準決勝敗退となり、ブフリは最終成績を4位としている。

決勝の公式リザルト

ラブレイセン選手のコメント

やはり少しルディックに疲れが見えたので、思ったより楽に勝つことができましたね。準決勝でブフリが滑って落車してしまいましたが、残念です。でも、落車がなくても勝つ自信はありましたよ。

オランダチームはBeat Cycling Club含めて層が厚いので、国外の選手よりも、まずは国内の選手に負けないようにしたいです。