スプリント全日本10連覇チャンピオン前田佳代乃が解説、全日本トラック女子ケイリン決勝

女子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

2019年9月14日〜9月16日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』。2日目15日に行われた女子エリートケイリンでは、小林優香が勝利を手にした。

小林優香がWタイトル、女子ケイリン2年ぶりの日本チャンピオン/2019全日本トラック・女子エリート ケイリン

本記事では、昨年までで10連覇していたスプリント日本女王・前田佳代乃 元選手による決勝戦の解説をお届けする。

前田佳代乃、全日本10連覇達成も電撃引退で有終の美/2018全日本選手権トラック・女子スプリント

決勝

出走順は以下の通り。ナショナルチームからは小林優香太田りゆ山口真未が出走。

1尾方真生Japan Institute of KEIRIN
2山口真未エクストリームつくば
3小泉夢菜早稲田大学
4小林優香Dream Seeker Racing Team
5太田りゆTEAM BRIDGESTONE Cycling
6下条未悠Japan Institute of KEIRIN

前田「決勝に残った選手が全員強化指定選手だった男子と違い、女子はりゆと優香の実力が飛びぬけていています。2人からすると他の4人が動いたとしても、あらゆる状況に対応できるので、正味1対1みたいなものです。ただ後手に回りすぎるといけません。互いが互いの動きにしっかり反応すること、どちらが先に動くか?がポイントとなりそうです」

前田「長い距離となると優香に利があります。りゆは持ち前のダッシュ力を活かしたレースがしたいのではないでしょうか。りゆは前走する選手へ飛びついてゴールで差しにいくレースも上手です。この並びだとりゆが優香の真後ろなので道中動かずにゴール勝負、と考えてるかもしれないですね。」

動画2:50〜

前田「ここで誘導退避、りゆは優香にベタ付きで良いと思います。優香が車間を切って(空けて)から仕掛けるのか、切らなくてもそのまま行けるとは思うので、優香がどうするかで展開が変わりますね」

最初に動いたのは早稲田大学の小泉夢菜。3番手から飛び出し、4コーナーで先頭になった小泉はそのまま後続を大きく引き離して先行する。半周ほどそのまま逃げて7車身程の距離を作った小泉。5周目2コーナーで小林優香と太田りゆが小泉を追い上げる。

動画3:15〜

前田「これは後ろも行かないと危ないですね。このまま見ていたら逃げきられてしまいます」

動画3:25〜

前田「みんなで逃げを見送ってしまった状況で、なかなか仕掛けず車間が詰まらなかったので、よもや…と思いましたが、やはりナショナルは実力があります。ここからは一騎打ちですね」

先行する小林、それを差したい太田りゆだったが最終コーナーでも並びきれず。小林が伸びと強さを見せて逃げ切り先着。

前田「ゴール前の攻防でベタ付きからだと、差し切るのはかなりの足の差がない限り難しいです。車間が開いてないので2着に流れ込むのはもちろん出来るのですが、やはり勝つとなると1度優香に対して、車間をとってから詰めることで、相手を利用してスピードをつけてから勝負しないといけなかったですね」

女子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

女子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

女子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

女子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

TAGS