若手頂上決戦『ヤンググランプリ2018』選手コメント&並び予想/KEIRINグランプリ2018シリーズ

ヤンググランプリ2018

2018年KEIRINグランプリ』シリーズ2日目の最終11レースを飾るのは、若手選手のNo.1を決める『ヤンググランプリ2018』。2017年は鈴木竜士が優勝を飾っている。12月27日に行われた前検日には、2018年の出場予定の選手たちが一同に会し共同記者会見を行った。

関連記事:若手の年末大一番!太田竜馬、南潤ら選出・ヤンググランプリ2018出場予定選手

ヤンググランプリ2018出場選手のコメントから、レースの行方を占おう。

1番車:佐々木豪(愛媛)

佐々木豪

Q:ここまで練習は順調ですか?

ちょっと落ち込んだ時もあったんですが、松本さん、門田さんと3人で練習できたので、ここに向けて(調子を)上げてくることが出来たと思います。

Q:静岡のバンクに対してイメージは?

すごい走りやすいです。

Q:愛媛から3人ですが、作戦は?

松本さんが前、僕が番手をしっかり固めさせていただき、門田さんが3番手となります。

2番車:南潤(和歌山)

南潤

Q:雰囲気はどうでしょうか?一発勝負ですが?

僕はこういう雰囲気が嫌いじゃないので、楽しんで走りたいと思います。

Q:単騎ということで良いでしょうか?どのようなレースを?

はい。あんまり狙いすぎず、行けるところで迷わずにいけるような気持ちで、しっかり走りたいと思います。

山崎賢人、竹内翼、太田竜馬

TAGS