「まだまだ福島旋風を巻き起こす」寛仁親王牌で渡邉一成選手が優勝、GⅠで2連覇

渡邉一成、新田祐大、成田和也

2017年10月9日、前橋競輪場で第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントの最終日S級決勝が行われ、渡邉一成選手(福島/88期)が優勝。2着新田祐大選手、3着成田和也が入り、福島勢が上位を独占。渡邉選手は8月の第60回オールスター競輪に続くGⅠでの2連覇を果たした。

渡邉、新田、早坂、深谷の日本ナショナルチーム勢が出走、寛仁親王牌の初日12Rに注目

渡邉一成、新田祐大

いよいよ明日6日から前橋で開催の寛仁親王牌。初日メインである12R「日本競輪選手会理事長杯」には、トラック競技の日本ナショナルチームから渡邉一成選手、新田祐大選手、早坂秀悟選手、深谷知広選手が出走する注目の一戦だ。 日本 […]