新城幸也レース後インタビュー、選手それぞれの視点で激闘のロード世界選手権2017を振り返る

新城幸也

ノルウェー・ベルゲンで行われたロードレース世界選手権2017。前人未到、ペテル・サガンの3連覇達成に世界が湧き、長い戦いは幕を閉じた。

レースの模様はTVやインターネットの動画配信でライブ観戦したり、様々なメディアが報じるレースレポート記事で知ることはできるが、あくまでそれは第三者の目線である。実際に戦っていた選手たちが語り綴るレース模様は、メディアの記事とはまた異なる臨場感に溢れるだけでなく、レース結果までの過程となるストーリーが補完され、立体的にレースを知ることができる。

新城幸也選手へゴール直後のインタビューより

サーモンヒルで何があったのか

Embed from Getty Images

最後は、ラスト一周サーモンヒルの最後の登りの入り口で落車が起きちゃって。その後ろにいて、そこで止まってしまって。前がだいぶ離れてたんで、復帰できなかったですね。

ちゃんと最後まで脚とってたんで、使わずして…最初はリラックスして集団で走ってて、脚使わないようにしながら走って。最後4周からペース上がってきたから、しっかり前に入って。

常に良いところで入れてたんで。ラスト1周はもう前にいなきゃいけないのわかってるんですけど、先頭20番手に入るまで脚を使いたくなかったっていうのと、それぐらいキツかったっていうのもあるしで。

それでサーモンヒル大丈夫かなと思ったけど、落車で終わってしまったんで、ちょっと不完全燃焼なところがありますね。

でもね、その前で登り始めろってことなんで…なんとも言えないですね。

残り4周ってちょっと(タイミングが)早かったんですけど、80kmも残してペースが上がったんで、多分そのラスト4周ってのが、みんなが緊張しながら進んでいって、誰が仕掛けるのかってお見合い状態だったから、かなりチャンスがありました。

エリート男子ロードレース 22位

新城幸也はトラブルでチャンスを逃すも、世界に通用する実力を再確認/ロード世界選手権2017エリート男子ロードレース

 

小野寺玲選手

U23男子個人タイムトライアル 43位
U23男子ロードレース DNF

クヨクヨしてないで、次を意識

とにかく世界選手権は終わってしまった。
いつまでもクヨクヨしてないで、次を意識しなければならない。

今年は長いシーズンで、僕自信のコンディションの波もあって大変だった。
シーズンがもう終わりな気もするが、帰ってからまだレースはあるので最後まで集中しなければ

引用:チームワーク無くしては…

 

 

岡篤志選手

U23男子個人タイムトライアル 44位
U23男子ロードレース 111位

やってみないと分からない

今回チャレンジ出来たのは決してマイナスではなかったと思いたい。
やってみないと分からないし、チームの存在感も示せたのは良かった。

個人としても、チームとしても、目標とする結果には繋がらず、反省点も沢山あったレースでしたが、これでU23欧州遠征は終了。

現地、日本からの応援、沢山ありがとうございました!!

引用:世界選手権ロードレース

松田祥位選手

ジュニア男子個人タイムトライアル 20位
ジュニア男子ロードレース 28位

「世界で戦うために少しずつ積み上げていきたい」松田祥位コメント/ロードレース世界選手権2017男子ジュニア個人タイムトライアル

下山美寿々選手

ジュニア女子個人タイムトライアル 30位
ジュニア女子ロードレース 26位

「目標果たせず残念」下山美寿々選手のコメント/ロード世界選手権2017女子ジュニアロードレース