新城幸也はトラブルでチャンスを逃すも、世界に通用する実力を再確認/ロード世界選手権2017エリート男子ロードレース

ロード世界選手権2017エリート男子ロードレース レポート

日本からは新城幸也が出場

世界選手権の締めくくる、男子エリートロードレース。世界一を決めるコースは、全長267.5㎞の長丁場で、ライン区間と周回コースが組み合わさる。

国別世界ランキングにより日本に与えられた出場枠は1名で、新城幸也が出場した。

レースは10名がスタートから先行し、約10分の大差で周回コースに入る。メイン集団はホスト国のノルウェーを中心にペースを作り徐々に差を詰め、残り約10kmで吸収し、終盤に向け主力国を中心に本格的なアタックとペースアップが激しくなる。

新城幸也 Photo : JCF
Photo : JCF
Photo: Trinadh Rakesh
Photo: Trinadh Rakesh

新城は20~30番目前後をキープし最終局面へ、しかし…

新城は主力国らのペースアップに対し、強豪ひしめく集団の中を単独でポジションを上げていき、70名程に絞られ長く伸びた集団の20~30番目前後をキープし最終周回へ突入。

しかし、最後の登りの入り口で発生した落車トラブルに進路をふさがれ、先頭グループを外す結果となった。

サガンが3連覇、新城の世界に通用する実力を再確認

Photo: Trinadh Rakesh
Photo: Trinadh Rakesh

ゴールは約30名のスプリント勝負でスロバキアのペテル・サガンが、僅差で開催国代表のクリストフを下し、3年連続世界一のタイトルを獲得した。トラブルでチャンスを逃した新城には悔しい結果となったが、最後までの展開を見る限り、新城の世界に通用する実力を再認識した。

Photo: Einar Kvalheim
Photo: Einar Kvalheim
Photo: Bjørn Erik Nesse
Photo: Bjørn Erik Nesse

Text : 浅田 顕
原文 : http://jcf.or.jp/?p=56614

ロードレース世界選手権2017 エリート男子ロードレース 結果

順位 名前 タイム
1 ペテル・サガン スロバキア 6時間28分11秒
2 アレクサンドル・クリストフ ノルウェー
3 マイケル・マシューズ オーストラリア
4  マッテーオ・トレンティン イタリア
5 ベン・スイフト  イギリス
6 グレッヒ・バンアーベルマート  ベルギー
7 ミヒャエル・アルバジーニ  スイス
8 フェルナンド・ガビリア  コロンビア
9 アレクセイ・ルツェンコ  カザフスタン
10 ジュリアン・アラフィリップ  フランス
46 新城幸也 日本 +2分32秒

コース長:267.5km
出走者数:195名
公式リザルト

 

【速報】ペテル・サガンが3連覇を達成/ロード世界選手権2017エリート男子ロードレース