下山美寿々92名中、26位でフィニッシュ/ロード世界選手権2017女子ジュニアロードレース

下山美寿々

イタリアのElena PIRRONEがTTとダブルタイトル獲得

Photo: Trinadh Rakesh.
Photo: Trinadh Rakesh.

雨の中、92名が出走

9月22日の午前に行なわれたジュニア女子ロードには下山美寿々(しもやま みすず)が出走した。

1周19.1km、ベルゲンの街を4周回する76.4kmのコース。TT(タイムトライアル)のコースと重複する部分が多い。メインとなる1.5kmの登りとその前のアップダウンが選手をふるいにかける。

レースは雨がぱらつく中92名の選手がスタートし、落車の起こりやすいロータリーもあるため選手はスタートと同時に一斉にスプリントをかけて位置取りを行なう。

1周目の登り区間で集団は30人ほどに絞られ、その中で下山は余裕を持って対応する。その後の平坦区間で再び集団は大きくなるが、2周目の登りでは25名ほどが抜け出し30秒ほどのタイム差を集団につける。下山も先頭集団の中に入り良い展開であったが、平坦区間で集団は再び一つになる。

PIRRONEが独走の逃げ

Elena Pirrone
Elena Pirrone Photo : JCF

3周目は登り口からオーストラリアのMadeleine FASNACHTがアタックをかけて集団のペースも上がり、16名の先頭集団を形成する。そこからTT世界チャンピオンになったばかりのElena PIRRONE(イタリア)が独走を開始し、15名の追走集団に10秒から15秒のタイム差をつけて逃げ続ける。下山はこの登りでの攻撃で先頭集団に残れず、その次の7名ほどで第2集団を形成する。Elena PIRRONEはそのままゴールまで逃げ続け、力差を見せつけてTTとダブルタイトルを獲得した。

下山美寿々
下山美寿々 Photo : JCF

下山の集団は前に追いつけず、遅れていた選手も下山らに合流して大きな集団となり4分12秒差で26位となった。

エリートでの糧となるように

3周目の登りは先頭グループに残るために、あとひと踏みが出来なかった。ただ、目の前で先頭グループが形成されていくのを目にし、世界のトップジュニアとの具体的な差を感じ取ることが出来た。
昨年、今年と世界選手権に向けて夏休みはベルギーでレース活動を行ない準備してきた。今回結果は残せなかったが、これらの経験が来年からのエリートでの活動に良い糧となるよう期待している。

Text : JCF強化コーチ 柿木孝之

「目標果たせず残念」下山美寿々選手のコメント/ロード世界選手権2017女子ジュニアロードレース

9月22日ロード世界選手権2017女子ジュニアロードレース 結果

2017年ロード世界選手権<レポート>女子ジュニア
Photo: Per Erik Berger
順位 選手名 タイム
1 Elena PIRRONE イタリア 2時間6分17秒
2 Emma Cecilie Norsgaard JORGENSEN デンマーク +12秒
3 PATERNOSTER Letizia イタリア
26 下山美寿々 日本  +4分12秒

コース長:76.4km

原文:日本自転車競技連盟

《2017年ロード世界選手権大会》日本代表の男子エリートは新城幸也