《2018モデル》Cannondale(キャノンデール)が真のエンデュランスロードバイク、新型シナプス発売!

SYNAPSE

モデルチェンジした新型シナプス(SYNAPSE)登場

Synapse-Lifestyle-1
参照:Cannondale

「真のエンデュランス・マシーン(TRUE ENDURANCE MACHINERY)」としてキャノンデールが発表した新型シナプス(SYNAPSE)。シナプスは2006年の発売以来、10年以上にわたって高い支持を受けてきた人気機種です。今回大幅なモデルチェンジを遂げたという新型シナプスにはどのような特徴があるのでしょうか。

エンデュランスレースジオメトリー

現行モデル同様、長距離乗っても疲れにくい浅い前傾姿勢が取れる一方で、アグレッシッブに走ることができるよう絶妙なバランスに変更された「エンデュランスレースジオメトリー」。長距離を快適に走れるだけでなく、パフォーマンス性も兼ね備えたフレームデザインが特徴です。

SAVEシステムバーが追加

衝撃を吸収してくれるSAVEマイクロサスペンションに加え、SAVEシートポストと新開発の SAVEシステムバーが追加されました。これにより路面からの振動や衝撃が打ち消され、疲労が大幅に軽減されます。

フレーム重量950g

新型シナプスのHI-MODフレームは220グラム以上も軽量化!それにも関わらず、トップアスリートの脚力にも負けない高剛性を実現しています。また、この軽さはヒルクライムにおいては特に大きなアドバンテージと言えます。

32mmのタイヤ幅にも対応

32㎜の太めのタイヤを装着することも可能。細めのタイヤでは躊躇してしまうような未舗装路や砂利道も臆することなく走ることができます。

フェンダーマウント搭載

新型シナプスの美しい見た目を損なわない、着脱可能なフェンダーマウントが搭載されています。フルフェンダーがあれば、思わぬ水溜まりでも気にせずに突っ走れます。

フレームはサイズごとに最適化

キャノンデールでは、フレームサイズごとにベストなカーボンレイアップとチューブサイズが使用されていますが、新型シナプスにはさらに3種類のフォークステア径とヘッドチューブ径、3種類のフォークオフセットが用意されました。これまで以上に、全てのライダーがサイズに関係なく同じライドフィールを味わうことができるでしょう。