ツール・ド・フランス初出場のワンティ・グループゴベールに注目。使用機材はCUBE

AERIUM_C-68_SL

発足10年目にして初出場のワンティ・グループゴベール

WANTY-GROUPE-GOBERT
参照:WANTY – GROUPE GOBERT

ワンティ・グループゴベール(WANTY – GROUPE GOBERT)は、2008年に発足したベルギーのチーム。ツール・ド・フランスは、18のUCIプロチームに加え、下位ランクのUCIプロコンチネンタルチームから選ばれた4チーム、合わせて22チームのみが出場できる狭き門です。そのため、毎年出場するチームが入れ替わる訳ですが、UCIプロコンチネンタルチームのワンティ・グループゴベールは、発足10年目にしてついにツール・ド・フランスの出場権を獲得しました。その分、ツール・ド・フランスへの思いは並々ならぬものがあるでしょう。活躍が大いに期待できる注目チームの一つです。

三人のギヨーム選手

ワンティ・グループゴベールには、ギヨームという名前の選手が3人も所属しています。いずれも、実力ある選手なのでご紹介します。

ギヨーム・ヴァンケイスブルク

Van-Keirsbulck
参照:WANTY – GROUPE GOBERT
ギヨーム_ヴァンケイスブルク
参照:WANTY – GROUPE GOBERT

身長192cm、チームで一番背の高いギヨーム・ヴァンケイスブルク(Guillaume Van Keirsbulck
)選手は1991年生まれのベルギー人。第4ステージでは、アグレッシブに191kmも独走、最終的に集団に飲み込まれてしまったものの、4級山岳ポイントと敢闘賞を獲得しました。

ギヨーム・マルタン

ギヨーム・マルタン
参照:WANTY – GROUPE GOBERT
ギヨーム_マルタン
参照:WANTY – GROUPE GOBERT

ギヨーム・マルタン(Guillaume Martin)選手は1993年生まれのフランス人クライマー。昨年ワンティ・グループゴベールに移籍し、好成績を納めている若きエースです。5日に行われた第5ステージでは19位になり、個人総合55位から22位に浮上。ちなみに、身長は173cmと小柄で、ギヨーム・ヴァンケイスブルク選手との身長差は19cmもあります。

ギヨーム・ルヴァルレ

ギヨーム・ルヴァルレ
参照:WANTY – GROUPE GOBERT

ギヨーム・ルヴァルレ(Guillaume Levarlet)選手は経験豊富な31歳のフランス人選手。ツール・ド・フランスには過去2回出場しており、総合最高位は61位です。