2度のドーピング問題で表舞台から去る…苦難の連続であったBMCとは、どんなメーカー・ブランド?その歴史

BMC

BMCとは、どんな自転車メーカー・ブランド?

元RALEIGHのボブ・ビゲロー氏が設立

1986年、ボブ・ビゲロー氏がイギリスの自転車ブランドRALEIGH(ラレー)の販売代理店を設立。1994年に自社ブランドであるBMCの製造会社を立ち上げた。

スイスの資産家、アンディ・リース氏が買収

Andy Rihs
via bmc-switzerland.com

熱心なサイクリストであり、スイスの資産家のアンディ・リース氏が所有する補聴器メーカー、フォナック社が2001年にBMCを買収。拠点はスイスへと移る。そして、フォナック社のチーム、フォナック・レーシングチームへのバイク供給メーカーとなった。

この時に生まれたのが、Teammachine SLT01。ミズノ製カーボンフォークを採用し、現在のBMCにも続く“スケルトン”シートチューブが用いられている。

ドーピング疑惑に悩まされた苦難の時期

2006年、フォナックレーシングチームのエース、フロイド・ランディスがツール・ド・フランスで個人総合優勝を果たす。しかし、その後ドーピングが発覚しタイトルは剥奪された。他に10件のドーピング疑惑があり、フロイド・ランディスの事件が決め手となり、フォナック・レーシングチームも解散へと追い込まれる。

2007年、アスタナへバイク供給を行い、ツール・ド・フランスの舞台へと舞い戻る。しかし今度はアスタナのアレクサンドル・ヴィノクロフにドーピングが発覚。BMCは再びグランツールの舞台から姿を消すことになる。

3度目の正直、BMCレーシングチームがツール・ド・フランスで勝利

2011年、UCIプロコンチネンタルチーム「BMC レーシングチーム」を発足。三度グランツールの舞台へ舞い戻る。そして同年、カデル・エヴァンス(Cadel Evans)がツール・ド・フランスで個人総合優勝。三度目の正直で、BMCはトップブランドの仲間入りを果たす。

BMCのフレーム形状特徴

「iSC(インターロック・スケルトン・コンセプト)」と呼ばれる、トップチューブとシートチューブの接合部よりも下にシートステーとシートチューブの接合部の位置をずらした形が特徴。

この「iSC」により、乗り心地の向上、ぺダリング時の反応性が良好になるとされている。

iSC
参照:BMC

スイスに自社工場を持つBMC

近年、自転車メーカーの多くが台湾でOEMを行う中、BMCのハイエンドロードバイクは現在もスイスにある自社工場で製造されている。

BMCのロードバイク代表車種

teammachine SLR01

SLR01-DuraAce9100
参照:BMC
フレームサイズ 48、51、54、56
フレームセット価格 460,000円(税抜き)

timemachine 01 Ultegra Di2

TM01_Ultergra-Di2
参照:BMC
フレームサイズ S、M-S、M-L
価格 980,000円(税抜き)

参考情報

ロードバイク漫画の「弱虫ペダル」で主人公、小野田坂道が駆る愛車がBMCのSLR-01です。

小野田坂道
機材提供チーム