「私は競輪に向いている」ステファニー・モートン(Stephanie Morton)選手インタビュー

Stephanie Morton

近年の国際大会で上位入賞を続け、トップアスリートの仲間入りを果たした注目株、オーストラリア出身のステファニー・モートン(Stephanie Morton)選手のインタビュー動画が公開。

ステファニー・モートン(Stephanie Morton)選手のプロフィール

1990年オーストラリア出身。国内外の大会で複数のタイトルを獲得しており、2012年ロンドンパラリンピックではフェリシティ・ジョンソンのタンデムパイロットとしてパラサイクリング1000mタイムトライアルで金メダルを獲得。これによりオーストラリア勲章を授与される。2020年東京オリンピックでは自分のメダル獲得を目指している。

2017年UCI自転車トラック競技世界選手権(香港)では女子チームスプリント決勝でアナスタシア・ボイノワと対戦。惜敗するも、熾烈な争いを繰り広げており、日本の競輪で雪辱を晴らせるか。

2014年コモンウェルスゲームズではスプリント金メダル、500mタイムトライアル銀メダル。2016-17シーズンの世界選手権(香港)でもスプリント2位、チームスプリント2位の成績を残すかなりの実力者。明るく陽気なキャラクターで、日本ではディズニーランドへ行くことを楽しみにしてる。

Twitter @stephmorton28
Instagram stephmorton28
Facebook https://www.facebook.com/Stephmortoncycling/

私は競輪に向いていると思う

「ロングスプリントが得意なので、私は競輪に向いていると思う」と語る。

関連記事